新しいことに挑戦中

正規表現は相変わらず苦手でよくわからないことばかりですが、

Pythonのコードを書くだけじゃなくって、Pythonの使い方(?)の部分も勉強しないと仕事にはできないようなので、少しずつ始めてみました。

 

目標はFlaskとjinja2を使ってPythonが入っている何かをChromeから動かすこと。

自分のパソコンだけじゃなくてherokuとかを使って、実際に公開するところまでしたい。

そんなんですが、少しずつ進めます。

Python正規表現メモ①

正規表現がわからなさすぎて挫けそうなのでブログにしてみます。

 

まずは、reモジュールをインポートする。

 import re

 

区切り文字が同じ意味で複数種類あるのをsplitする場合は、こんな書き方をして、リストで返ってくる。

\s* は0個以上のストリングがあること。これがあると、前後の空白と区切り文字をまとめて一つの区切りとして扱ってくれるので、表記ゆれの解消に使える。

 re.split('\s*[いろんな区切り文字]+\s*', 対象のストリング)

 

 

正規表現って出来るようになると面白そうだけど、記号の種類が多すぎてついていけない。

クラスってなんでしょう?

プログラミングを初めてやると、知らない言葉がたくさん出てきます。

その中のひとつである、「クラス」、

これが理解できない・・・

 

クラスの何がわからないのか?

  • クラスが必要な理由がわからない
  • クラス名の最初の文字が大文字な理由わからない(大文字と小文字の区別もあるみたいで、クラスを作るときは小文字で、呼び出すときに大文字にしてみたらエラーが帰ってきた)
  • 属性を毎回初期化しないといけないのがよくわからない
  • クラスってなに?っていう質問をしたときに皆違うことを言っているような気がする(違うと思っているのは私だけなのかも?)

何度も書いていたら理解できるのかな。。。

がんばろ。

タブレットと外付けキーボードでPyQ

iPhoneでPyQをしていたときは、日本語入力ができないことが最大の難点でした。

難易度が上がってくると、iPhoneでは追いつかなくなってきたので、Windowsタブレットと外付けキーボードでPyQをしてみました。

これで問題はすべて解決するかと思いきや、新しい問題が発生しました。

「実行」ボタンや「判定」ボタンを押すと、プログラムを書く黒い画面にカーソルが飛び、スクリーンキーボードが出てきて画面の半分近くを占めるという問題です。

プログラムを書く→実行→判定 という流れで問題を解くのですが、「実行」ボタンや「判定」ボタンは何度も押下するので、その都度escキーでスクリーンキーボードを消さないと画面が見えなくなります。

めっちゃ画面が大きいタブレットとかであれば問題ないかもしれませんが、長いプログラムを書くようになってくると、実行→エラーを確認→実行→エラーが解消されたか確認→実行・・・と延々に続けることになり、その都度escキーを叩くというのは、実用的とは言えません。

餅は餅屋とよく言いますが、プログラミングはパソコンでするのが一番で、タブレットスマホでは厳しいと思いました。

totte.hatenadiary.com

チャレンジ問題!

f:id:aco0:20180120205447p:plain

仕事があるのであまり進捗が芳しくないですが、少しずつ進めています。

初めてのプログラミングの勉強なので、よくわからない言葉や仕組みがたくさんで、説明を読んでも理解できない・・・

そんな中ですが教えてもらいながらなんとか、Pythonはじめの一歩を終えることができ、初級もあとはチャレンジ問題を残すのみとなっています。

チャレンジ問題は、総合演習よりぐっと難易度が高くなりましたが、ヒントみたいなのが載っているので、どうにか解けるようになりました。

できることが増えてくるとうれしい!!

プログラミングって。。。

風邪をひいて3日間ぐらい寝込んでいました。

Pythonの勉強しようにも全然頭が回らなくって、

久しぶりにPyQを開いてみたらだいぶ忘れていてびっくりしました。

プログラミングは借り物のマックブックでUSキーボードなのですが、どこにキーがあるかも忘れてしまっていました。

継続しないと忘れますね。。。

iPhoneでPython

PyQ始めてから3日ぐらいは、お正月休みで移動が多かったり、そもそもパソコンを使わない生活をしていたので、iPhoneでPyQを進めていました。

 

iPhoneでPyQのいいところ

通勤中でも車の中でも、どこでも勉強ができる

立ったままでも勉強できる

最初のうちの簡単なクエストであれば、パソコン広げる間に解ける。

 

iPhoneでPyQの良くないところ

日本語入力が大変。(変換ができないので、ひらがなだけであれば入力可能)

記号の切り替えと数字の切り替えが大変。

問題一覧が使えなくなるため、前のクエストに戻って解説を読むことができない。

 

最初の簡単なクエストであれば、スマホでサクサク進めたほうが勢いに乗れていいと思いました。

スマホでプログラムっていうと、エンジニアの人々がギョッとするので、それも楽しい:)